体脂肪率を減らす方法|筋トレなど短期間で改善する方法を伝授!

体脂肪率を減らす食事の摂取方法とは?

脂肪は一度ついてしまうとなかなか落とすのが大変であるといわれます。
お腹の周りについてしまった皮下脂肪や内臓脂肪は、適切な食事と体を動かす方法によって体脂肪率を減らすための有効な手段であります。
体脂肪率を減らすための食事には、タンパク質が多い鶏胸肉や、魚介類・納豆、豆腐等の豆類・ミネラル、ビタミンが多い海藻や果物などは脂肪燃焼効果の高いものと一緒に食べたりすると効果があります。
食事の場合はきちんとカロリー計算して決められた分だけ摂取することが大切で、安易に食べなかったり空腹時間を作ってしまうと逆効果ですので、食べるときには規則正しく、一定の量を空腹を感じる事がないように複数回に分けて食べる方法は効果があります。
エネルギーを食事で摂取し、その体にたまったエネルギーを消費させるために運動や筋トレなどで基礎代謝を増やし、そして酸素を取り入れた有酸素運動で脂肪燃焼効果をアップさせる事で体脂肪率を減らすことができます。
このサイクルは、人間が日常に活動するうえではいわば基礎的な方法であって、このバランスサイクルが乱れてしまうことが肥満につながってしまう原因であるかもしれません。
まずこれらを行う前に自分の体脂肪率と、日常的に体を動かしているエネルギーの量である基礎代謝は、前もって把握しておく必要があります。

 

 

体脂肪率を減らす運動は筋トレがいい?

体脂肪率を減らす運動として筋トレは効果的です。
筋トレをして筋肉の量が増えると基礎代謝量が上がります。
基礎代謝量とは、人間が生命を維持するための最小限のエネルギーのことです。
つまり、何もしなくても消費されるエネルギーということになります。
この基礎代謝量が上がれば自ずとカロリー消費量も上がり、体脂肪率を効果的に減らすことができるということです。
筋トレは下半身の筋肉や腹筋や背筋などの、身体の中でも比較的大きい筋肉を鍛えることで基礎代謝量を効率的に上げることができます。
運動に慣れていないという人は、最初から大きな負荷をかけて筋トレをしてしまうと筋を痛めてしまったりすることもありますので、最初は軽い負荷から始めましょう。
バランスボールや軽めのダンベルやチューブなどを使うと、初心者でも簡単に鍛えることができるのでおすすめです。
筋肉の材料となるタンパク質を積極的に摂取するために、肉類や魚介類や大豆製品や乳製品や卵などのタンパク質を食事のメニューに豊富に取り入れたり、代謝を促すためにビタミンやミネラルを積極的に摂取したり、運動の際にプロテインを摂取したりなどを心がけることで、体脂肪率をさらに効果的に減らすことができます。

 

 

女性が体脂肪率を短期間で減らすには?

女性が体脂肪率を短期間で減らすには、いくつかの方法があります。体脂肪率とは、体重に占める体脂肪の割合です。
肥満度を知るためには、体脂肪率を知る必要があります。体脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があります。
最近は、体脂肪を家庭で測ることができる体重計が増えていますが、より精密な体脂肪を測定する場合は、病院へ行って内臓脂肪の割合を測定します。
体脂肪は、そのままではエネルギーとして利用されないので、燃焼させる必要があります。
食事をせずに体脂肪率を落とそうとすると、筋肉量が減ってしまい、基礎代謝が落ちてしまいます。
基礎代謝が落ちると、太りやすい体質を作ってしまうので、注意が必要です。女性が健康的に短期間で体脂肪率を減らすには、やはり運動が必要となります。
女性に向いているのが、ウォーキングやエアロビクスなどの有酸素運動です。
有酸素運動と筋肉トレーニングを併用することで、脂肪を燃焼させ、短期間で体脂肪率を減らすことが可能となります。
筋肉トレーニングの後に有酸素運動を行うことで、脂肪の代謝が高まります。
筋肉トレーニングで糖分を消費するため、有酸素運動を行った時に脂肪が消費しやすくなるのです。脂肪燃焼を助ける食品を摂取すると、さらに効果的です。

 

 

効果的なお茶や飲み物は?

健康診断の結果を見て少し痩せなきゃなぁ、なんて思う人は多いのではないでしょうか?
体の体脂肪率を上手く減らして毎日身軽に過ごしたいですね。体脂肪率とは体内に含まれる脂肪の割合のことです。
運動や食事制限など減らす方法は様々ですが、その補助的なものとして体脂肪率を減らしやすいお茶や飲み物を取り入れてみてはどうでしょう?
最近はCMや店頭でトクホと言う言葉を耳にします。
トクホのお茶や飲み物には体脂肪率を減らしたり、血圧やコレステロールを下げたり健康に良い効能が含まれています。
トクホとは特定保健用食品の事で、消費者庁が定めた物なので安心して飲めますね。
ただ、このトクホの飲み物は少々お値段が高いのが難点です。しかし、私達が普段飲んでいる物の中にも体脂肪率を減らすのに効果的な物もあるのです。
カフェインには脂肪を燃焼させる作用があるので、コーヒーや黒烏龍茶、普通の緑茶もおすすめです。くれぐれもお砂糖は入れないでくださいね。
そして杜仲茶。名前だけは聞いた事がある人もいるでしょう。このお茶にも脂肪を減らす作用があります。
ただ胃に負担がかからないよう飲みすぎ注意です。ダイエットのサポート的な役割として取り入れてみてください。

 

 

体脂肪率を減らすときに陥りがちなこと

体脂肪率を減らすときに、今までとはかなり違う生活を送ることになり、そのストレスから様々な症状が出ることがあります。
イライラしたり、ストレスがたまったり、便秘になったり。
便秘になってしまったときには、お通じを改善するために何か手を打つ必要があります。
参考サイトを1つ置いておきますので、もしよかったら見てみてくださいね。

 

体脂肪率が高いと根菜類の食品を摂った方がよいらしいです。
根菜類は土の中にある部分を食べる野菜の総称であり、ニンジン、ゴボウ、山芋、大根、カブなどの根を食べるもの、レンコン、ショウガ、サトイモ、ジャガイモなどの地下茎を食べるもの、たまねぎ、ニンニク、らっきょうなどの地下鱗茎を食べるものの3つに分けられます。

 

根菜類には様々な栄養素が含まれていますが、特に着目したい成分はムチン、ジスターゼです。
ムチンは糖類とタンパク質の複合体であり、山芋やサトイモなどに含まれている栄養素です。ムチンには胃や腸の粘膜を保護し胃腸の病気を予防する効果と、肉や魚などのタンパク質の消化吸収を助ける効果があります。

 

参考:根菜の栄養素とカロリー、効果